<< ラジオ「漢方健康日記」に出演しました | main | レポートその2:妊娠力セルフチェック >>

レポートその1:妊娠成立に必要な条件と不妊の原因

0
    妊娠力5 会場















    5月20日(日)、長崎県美術館2階ホールにて第5回「妊娠力を高める!」セミナーが開催されました。 たくさんの方にご来場頂きました。ありがとうございました。 当日の模様をダイジェストでレポート致します。

    陳 志清先生のご講演 「漢方で妊娠しやすい身体づくり!」
    第1部から…

    妊娠力5 陳志清先生陳 志清先生のプロフィール
    1984年  南京中医薬大学中医学部卒、中医師資格取得。 2002年  広島大学大学院にて薬学博士学位取得。
    日本中医薬研究会専任講師として中医学の普及活動に従事。 中華中医薬学会会員。日本薬学会会員。
    日本不妊カウンセリング学会会員。 不妊カウンセラー
    著書:心と体にやさしい不妊治療−周期療法 (河野康文・劉伶・陳志清 共著) 
    監修:オレンジページ「からだの本」、日経ヘルスなど多数

    [妊娠成立に必要な条件]

           成熟した卵胞が育っていること

           排卵されていること

           卵子のピックアップが問題ないこと

           黄体形成が十分なされていること

           射精できるかどうか

           精子が膣→子宮頚管→子宮へと遡上していること

           卵管が通っている

           健全な子宮内膜があること
     
    (厚さ・筋腫や内膜ポリープがないかなど)

    これらの条件が揃って、はじめて妊娠が成立します。

     

    [不妊の原因]

    妊娠力は「カップルの総合力」 
    妊娠力を高めるには男女それぞれの力が重要なの
    です。

    ●女性側の原因 45%  

     1) 排卵障害

     2)  卵管因子

     3) 子宮因子

     4) 子宮内膜症

    ●男性側の原因 35% 

     1) 精子精液の異常(精液量、精子数、運動率、奇形率など)

     2)  性機能障害(ED等)

    ●原因不明 20

    そのうち10%は男女共に問題あり。

    その他、検査値や物理的検査画像で現す事が出来ないなど原因が解明出来ないこともあります。
    (例:ピックアップ障害=排卵された卵子が卵管の中に入っていかない状態)

     

    また、精子の状態は体調などにより日常生活の中で常に変化している為、

    検査値には異常がみられなくても、排卵日にタイミングを取るとき、何らかのストレス、熱いお風呂、お酒等で精子の質、動きが一時的に悪くなることもあります。



    レポート2に続きます

    参考記事:第4回「妊娠力を考える!」
    レポート1:西洋医学編(1)「妊娠成立の条件」
    レポート2:西洋医学編(2)「不妊の原因と妊娠力をupする10の提案」 
    長崎中医薬研究会 * 第5回セミナー 報告 * 16:32 * - * - * - -
    このページの先頭へ