<< レポート4:男性力upの方法 | main | レポートその6:質疑応答から… >>

レポートその5:流産について

0
     [流産について]

    ・妊娠12週未満のものを早期流産、12週以降22週未満のものを後期流産という。

    ・流産の可能性は妊娠全体の約15%で流産率は母体の加齢と関係する。



    早期流産は主に胎児側の異常、後期流産は主に母体側の異常による。



    ・胎児側の異常の原因は主に染色体であり流産は不可避である。



    後期流産は感染症や同排無力など母体の状況に応じ治療をする。


    1〜2回の流産は気にしなくて良いが3回以上の習慣性流産であれば病院で詳しく調べる必要があります。


    [流産の予防と治療]

    ・周期調節法 + 原因治療

    ・妊娠後補腎健脾安胎を基本とします


    その6に続きます…

    長崎中医薬研究会 * 第5回セミナー 報告 * 14:45 * - * - * - -
    このページの先頭へ