<< レポートその5:流産について | main |

レポートその6:質疑応答から…

0
     

    質問1  46才女性

    ・身体の冷えと妊娠力との関連

    ・妊娠可能年齢

     

    回答   
    子宮内膜は赤ちゃんのベッドです。温かくないと妊娠しにくく流産しやすいので体を温める漢方を使います。よく使われるのは血を補う効果がある婦宝当帰膠、血行を良くする冠元顆粒です。日常生活では夜更かしをしない、体を冷やさない、ニラ・カボチャ・大豆などの食品で体を温めるようにして下さい。

     

         母の年齢別出生数(平成14年度・厚生労働省)

     

         ・〜15才        52人/115万3855人

         ・20〜24才  152493人

         ・25〜29才  425817人

         ・30〜34才  131040人

         ・35〜39才  131040人

         ・40〜44才   16200人

         ・45〜49才     396人

         ・50才以上       10人     

     

     

    質問2  39才女性

         ・AMHを上げ妊娠力を高める方法(漢方)はありませんか?

     

    回答   AMHとは、女性ホルモンの一種です。

    卵巣の中にある、これから育っていく卵胞から分泌されるホルモンです。

                  ↓

    原始卵胞(生まれつき卵巣の中にある、まだ育っていない卵胞)が少なくなってくると、AMHの値が低くなります。

                  ↓

    つまり、AMH値が高いとこれから育つ卵胞が、卵巣にまだまだたくさんある状態。

    値が低いと、卵胞が少なくなってきている状態ということです。

                  ↓

    卵巣機能の予備能力を判断する目安となります。

     

    精神を安定させ補腎をする漢方を服用することをお勧めします。

     

     

    質問3  45才 女性

         ・高齢で遺伝子異常が心配です

     

    回答   妊娠は年齢に関係なくリスクは伴います。

         元気な精子、元気な卵子を作れるように心掛けることは大切です。

         漢方で育った赤ちゃんには元気な賢い子どもが多いです。

         どうしても心配な場合は出産前の診断を受けて確認することもできます。

     

    質問4  34才 女性  現在治療中

         ・病院の先生から漢方薬は飲まないようにと言われます。併用すると問題があるのですか?

     

    回答   基本的に問題はありません。しかし病院の治療に合わせて漢方を処方する必要があります。

         正しく使えば大丈夫ですので相談してから服用するようにしてください。

         ・

    最後に・・・

    ストレスは身体の機能を弱めてしまいます。

    リラックスして夫婦生活を送れば必ず子どもはできるはずです。

    こどもができるような身体作りのためにご夫婦一緒に体質改善をしてください。

    その際にはぜひ漢方薬を試してみて下さい。

    長崎中医薬研究会 * 第5回セミナー 報告 * 14:46 * - * - * - -
    このページの先頭へ